ここから本文です

落ちた「秋星」無残 台風一過、県内に爪痕

北國新聞社 10/7(金) 3:22配信

 6日の石川県内は、台風一過の秋空が雲間からのぞき、最高気温は金沢24・0度、輪島23・4度と、過ごしやすい一日になった。爽やかな気候とは裏腹に、暴風の爪痕は各地に残った。金沢市内の果樹園では、特産リンゴ「秋星(しゅうせい)」が強風に耐えかねて落果し、成熟した果実の鮮やかな紅が地面に映えて、一層の無残さを感じさせた。

 河北潟干拓地にある中野農園(金沢市湖南町)には90アールの敷地に約350本のリンゴの木が植わっており、現在収穫期を迎えている秋星とシナノスイートの1割ほどが風の被害に遭った。

 所有者の中野ゆかりさん(44)は「防風ネットがここまでビリビリに破れたことはかつてなく、この程度の被害に抑えられてよかった。気を取り直して、あすからの出荷に備えたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:10/7(金) 3:22

北國新聞社