ここから本文です

マイナス金利「影響なし」88% 金沢会議所が調査

北國新聞社 10/7(金) 3:17配信

 金沢商工会議所は6日、今年7~9月の景況・業況動向調査の結果を発表した。マイナス金利の今年度後半の影響について尋ねたアンケートでは「影響なし」の予想が全体の88%を占めた。110社が回答した。

 影響があると答えた企業では「景況感が悪化する」「借り入れが容易になる」との意見が目立ったほか、銀行の競争激化による影響を危惧する声もあった。「影響なし」の理由は「新規借り入れの見込みがない」などだった。

 今期の景況感DIは、マイナス14・8となり、4~6月の同24・6から改善した。10~12月の次期DIはプラス1・9となり、5期ぶりにマイナスを脱した。

北國新聞社

最終更新:10/7(金) 3:17

北國新聞社