ここから本文です

九谷と花、融合の美 小松市で出合い展開幕

北國新聞社 10/7(金) 16:13配信

 第41回九谷と花選抜出合い展(北國新聞社主催)は7日、小松市のサイエンスヒルズこまつで開幕した。陶芸家40人の器に、華道家40人がそれぞれ花材を生け込み、来場者が伝統と創造が融合する美の世界に浸った。

 文化勲章受章者の大樋陶冶斎氏、釉裏金彩(ゆうりきんさい)人間国宝の吉田美統氏、日本芸術院会員の武腰敏昭氏、石川県陶芸協会長の中田一於氏ら九谷焼の重鎮が趣向を凝らした意欲作を提供した。

 会期は11日まで。入場料は500円(中学生以下無料)。一般財団法人県芸術文化協会、小松市、小松商工会議所、ラジオこまつ、テレビ金沢、エフエム石川、テレビ小松が後援した。

北國新聞社

最終更新:10/7(金) 16:13

北國新聞社