ここから本文です

「日本をサポートしている」 イラク指揮官、敗北は「ジャッジミスのせい」

SOCCER KING 10/7(金) 1:35配信

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第3戦が6日に行われ、イラク代表は日本代表に1-2で敗れた。試合後、同国を率いるラディ・スワディ監督がコメントを残している。

 同点で迎えた後半アディショナルタイム、イラクはMF山口蛍に豪快なミドルシュートを叩き込まれ、勝ち点を逃した。これで同国は3連敗スタートとなり、アジア最終予選突破から一歩後退している。

 試合を終えたスワディ監督は、韓国人とシンガポール人によって構成された審判団へ怒り心頭の様子。「最後の失点で敗れてしまった。しかしそれは我々の問題ではなく今日のジャッジのせいではないかと思っている。最後の失点も、ジャッジミスのせいであると強調したい」と判定に疑問を呈した。

 ジャッジミスの詳しい説明を求められた同監督は、「負傷した選手が外にいて、選手3人がそのことをレフェリーにアピールした。私も試合後に言ったが、彼は『(選手のアピールは)見ていない』と言っていた。3人の選手がアピールしていたのだから、それは嘘だと思った」とコメント。さらに、「(レフェリーが)日本をサポートしているのではないかと思った。その前にもジャッジミスはいくつかあったが明らかではなかった。だが最後のところでのミスは明らかだった。それとアディショナルタイムの6分は非常に長かったと思う」と試合全体を通して判定が不自然であったと主張した。

 スワディ監督は対戦相手となった日本についても言及している。「選手の個性のあるユニークなチームだと思う。アジアでもトップレベルだし、バランスよくリズムのある選手たちだと思った」と評価した一方、「今日は、いつものリズムが発揮できなかったと思う。いつものレベルが見られなかった」とし、勝ち点を獲得できるチャンスが十分にあったことを強調した。

SOCCER KING

最終更新:10/7(金) 1:42

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報