ここから本文です

ユーヴェ、レアルMFイスコへの関心は継続 GMが1月の獲得に奔走か

SOCCER KING 10/7(金) 5:29配信

 ユヴェントスがレアル・マドリードに所属するスペイン代表MFイスコの動向に注視している。6日付のスペイン紙『マルカ』が報じた。

 同紙によると、ユヴェントスのゼネラルマネージャー(GM)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏がイスコに注目。夏の移籍市場でも関心を示していた同選手を1月に加入させるべく、全力を注いでいるという。

 今夏、ユヴェントスを含む複数のクラブから関心を寄せられたイスコ。それでも、最終的にはレアル・マドリードへの残留を決断し、ジネディーヌ・ジダン監督のもとでプレーを続けている。しかし、今シーズンここまで、リーグ戦のスタメン出場はわずか1試合にとどまっており、プレー時間は限られたものとなっている。

 中盤の補強を画策するユヴェントスは、イスコの他にもレアル・マドリードのドイツ代表MFトニ・クロースや、バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチも候補に挙げているようだ。しかし、同選手らは所属クラブでレギュラーを確保しており、指揮官からの信頼も厚く、シーズン途中での引き抜きは非常に難しいものと考えられる。今後の展開に注目したい。

SOCCER KING

最終更新:10/7(金) 5:29

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報