ここから本文です

名手ブッフォンがまさかの空振りミス…それでもイタリアはPKで追いつきスペインとドロー

ゲキサカ 10/7(金) 7:05配信

 ロシアW杯欧州予選が6日に行われた。グループGのイタリア代表対スペイン代表の注目の一戦は、1-1の引き分けに終わった。

 欧州予選は基本的に各組1位のみに本大会への出場権が与えられる。もう一つの方法は2位に入り、プレーオフを勝ち抜くしかない。グループGではスペインとイタリアが同組で激しい争いを繰り広げることになる。

 ともに白星発進を決めていた両チームは、イタリアのホーム・トリノで連勝を目指し、激突した。ただイタリアはMFリッカルド・モントリーボが負傷交代するなど、前半からアクシデントに見舞われると、後半10分には前に出たGKジャンルイジ・ブッフォンがまさかの空振り。FWビトロに無人のゴールに流し込まれ、先制点を許した。

 しかしイタリアは後半36分、FWエデルがエリア内でDFセルヒオ・ラモスと接触。PKを獲得すると、MFダニエレ・デ・ロッシがGKの逆を突くシュートで冷静に流し込み、辛くもドローに持ち込んだ。

最終更新:10/7(金) 12:07

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革