ここから本文です

カバーニ2発などウルグアイが首位キープ…大苦戦チリは敵地で0-3負け

ゲキサカ 10/7(金) 10:43配信

 ロシアW杯の南米予選の第9節が6日に行われた。首位のウルグアイ代表はホームで最下位のベネズエラ代表と対戦。前半29分にMFニコラス・ロデイロのゴールで先制すると、後半にはFWエジソン・カバーニが2点を加点。3-0で連勝を飾り、勝ち点を19に伸ばして首位をキープした。

 今夏のコパ・アメリカで連覇を決めたチリ代表の調子が上がらない。敵地でエクアドル代表と対戦すると、前半19分にMFアントニオ・バレンシア、同23分にはDFクリスティアン・ラミレスに得点を許す。後半に入っても1分にFWフェリペ・カイセドにゴールネットを揺らされてしまう。標高2850mの高地決戦を0-3で落とした。3戦勝ちなしのチリは勝ち点11のままで7位と低迷したままだ。

 敵地でパラグアイ代表と対戦したコロンビア代表は1-0で勝利。スコアレスで終えるかと思われた後半アディショナルタイムに途中出場のMFエドウィン・カルドナが劇的弾を蹴り込んだ。コロンビアは2戦ぶりの勝利で勝ち点を16に伸ばしている。

エクアドル 3-0 チリ
パラグアイ 0-1 コロンビア
ウルグアイ 3-0 ベネズエラ

最終更新:10/7(金) 12:06

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。