ここから本文です

[国体少年男子]“初V”広島県登録全16選手コメント_MF松本大弥(広島ユース、1年)「キツかったんですけど必ず声を出そうと」

ゲキサカ 10/7(金) 12:05配信

[10.6 国体少年男子決勝 大阪府 1-2 広島県 遠野運動公園陸上競技場]

 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」サッカー競技は6日、16歳以下で実施されている少年男子の部決勝を行い、広島県がFW渡部快斗(広島ユース、1年)の決勝ゴールによって大阪府に2-1で勝利。広島は70年の選抜チーム大会移行後は初、単独チームを合わせると61年に修道高が優勝して以来、55年ぶりとなる国体少年男子の部優勝を果たした。

※ゲキサカでは優勝した広島県選抜の登録全16選手コメントを掲載。

●6 MF 松本大弥(広島ユース、1年)
―優勝の感想を
「嬉しいですね」

―個人として今大会のプレーについては
「自分はキャプテンじゃないですけど、試合中はキャプテンシーをもって周りに声かけてみんなでハードワークすることを意識してやることができていました。きょうもいつもと変わらずに守備とかも攻守で体張ってやることができて、身体はキツかったんですけど必ず声を出そうと思って声を出していました」

―今後はどのような部分を磨いていきたい
「まだパスの質が良くない。ロングボールも質があまり良くないところがあるので磨いていきたい」

―今後の目標について
「まずはチャンピオンシップがあるので、そこに出れるように練習していきたいと思います」

最終更新:10/7(金) 12:05

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報