ここから本文です

[国体少年男子]“初V”広島県登録全16選手コメント_FW大堀亮之介(広島ユース、1年)「決定力をもっと高めたい」

ゲキサカ 10/7(金) 12:15配信

[10.6 国体少年男子決勝 大阪府 1-2 広島県 遠野運動公園陸上競技場]

 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」サッカー競技は6日、16歳以下で実施されている少年男子の部決勝を行い、広島県がFW渡部快斗(広島ユース、1年)の決勝ゴールによって大阪府に2-1で勝利。広島は70年の選抜チーム大会移行後は初、単独チームを合わせると61年に修道高が優勝して以来、55年ぶりとなる国体少年男子の部優勝を果たした。

※ゲキサカでは優勝した広島県選抜の登録全16選手コメントを掲載。

●7 FW 大堀亮之介(広島ユース、1年)
―決勝では貴重な先制ゴールだった
「準々決勝までFWでチャンスあったんですけど全然点取れなくて、昨日の準決勝から点取れ始めてきて、きょうも絶対に決めたいなと思っていた。とにかく点取ってチーム助けたいという思いがあった。決勝戦で点取れたことは嬉しかったです」

―今後の目標について
「今後はもっと決定力を磨いて、まずはサンフレのユースのAチームに絡んでいって。来年は僕たちの年代のワールドカップがあるので、そこに絡んで行きたいなと思っています」

―それに挑戦するために磨くべきところは?
「自分の武器はキックが得意なのでシュートをコースに狙って打って行くことです。キックの精度をもっと高めて、決定力をもっと高めたいと思っています」

最終更新:10/7(金) 12:15

ゲキサカ