ここから本文です

[国体少年男子]“初V”広島県登録全16選手コメント_MF東俊希(広島ユース、1年)「広島の粘り強さが出せた」

ゲキサカ 10/7(金) 12:25配信

[10.6 国体少年男子決勝 大阪府 1-2 広島県 遠野運動公園陸上競技場]

 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」サッカー競技は6日、16歳以下で実施されている少年男子の部決勝を行い、広島県がFW渡部快斗(広島ユース、1年)の決勝ゴールによって大阪府に2-1で勝利。広島は70年の選抜チーム大会移行後は初、単独チームを合わせると61年に修道高が優勝して以来、55年ぶりとなる国体少年男子の部優勝を果たした。

※ゲキサカでは優勝した広島県選抜の登録全16選手コメントを掲載。

●8 MF 東俊希(広島ユース、1年)
―大会を通して存在感があったと思うが
「1回戦の愛知戦ではPKのチャンスとか決めるチャンスあったんですけど、決められなくて申し訳ない気持ちがあったので(積極的にプレーして)、2回戦から昨日まで3試合連続アシストができた。きょうはアシストはできなかったんですけど、チームの優勝に貢献できたので良かった。(チームとしても)2回戦、3回戦は0-2からみんなが諦めずに攻撃し続けたことで逆転できた試合だったので、そこは広島の粘り強さが出せたので良かったです」

―代表も意識すると思うが
「(U-16日本代表が)アジア最終予選でワールドカップ出場を決めてもらえたので、来年のワールドカップで次、左SBとかで出場して、代表とかで活躍していきたい」

―自分のどういう部分を強みに挑戦する?
「自分は裏への飛び出しとかキックとかに自信があるので、そこで勝負していきたいです」

―すぐに次の試合が始まる。今後の目標について
「今Aチームがプレミアにいるんで、そこでスタメンで出場して優勝に貢献したり、代表に復帰して活躍できるようにこれから頑張って行きたいです」

最終更新:10/7(金) 12:25

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革