ここから本文です

[国体少年男子]“初V”広島県登録全16選手コメント_GK稲田蓮(高陽高1年)「DFと連係してできたので良かった」

ゲキサカ 10/7(金) 13:45配信

[10.6 国体少年男子決勝 大阪府 1-2 広島県 遠野運動公園陸上競技場]

 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」サッカー競技は6日、16歳以下で実施されている少年男子の部決勝を行い、広島県がFW渡部快斗(広島ユース、1年)の決勝ゴールによって大阪府に2-1で勝利。広島は70年の選抜チーム大会移行後は初、単独チームを合わせると61年に修道高が優勝して以来、55年ぶりとなる国体少年男子の部優勝を果たした。

※ゲキサカでは優勝した広島県選抜の登録全16選手コメントを掲載。

●12 GK 稲田蓮(高陽高1年)
―守護神として優勝
「攻めている時間の中でもディフェンスは後ろのケアとか管理をしなければいけないので、そこはしっかりやれるように集中して対応させました。自分もロングボールが来ても集中していたし、そこも考えてDFと連係してできたので良かったです」

―決勝でも好プレーがあった
「最後無失点で終わりたかったですけど、前の子とか点取ってくれると信じていたのであんまり焦ることもなかったし、自分のプレーができました」

―今後どのような部分を磨いていきたい?
「自分のストロングポイントはキックだと思っている。課題も繋ぎの部分とかセービングとか出たので克服していきたいです」

―次の目標は?
「次は選手権とか新人戦、インターハイで優勝狙っていきたい」

最終更新:10/7(金) 13:45

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革