ここから本文です

[国体少年男子]“初V”広島県登録全16選手コメント_FW森内幸佑「県の大会で点取って注目されるような存在に」

ゲキサカ 10/7(金) 13:55配信

[10.6 国体少年男子決勝 大阪府 1-2 広島県 遠野運動公園陸上競技場]

 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」サッカー競技は6日、16歳以下で実施されている少年男子の部決勝を行い、広島県がFW渡部快斗(広島ユース、1年)の決勝ゴールによって大阪府に2-1で勝利。広島は70年の選抜チーム大会移行後は初、単独チームを合わせると61年に修道高が優勝して以来、55年ぶりとなる国体少年男子の部優勝を果たした。

※ゲキサカでは優勝した広島県選抜の登録全16選手コメントを掲載。

●13 FW 森内幸佑(広島皆実高1年)
―個人として、チームとして今大会の感想を
「広島は一戦必勝でやってきて決勝も続けてきたことをやるということでひたむきにやり続けた結果、結果が出たのは良かったです。個人としては準々決勝までずっとスタメンで出ていたんですけどもっとチームに帰って改善していきたいです」

―どういう部分を改善していきたい?
「チームでは攻撃のFWをやっているんですけど、今回はウイングバック。守備のところで軽い所があったので、そこは改善していきたいです」

―今後の目標についても教えてください
「選手権はメンバー入って試合出て頑張ります。県の大会で点取って注目されるような存在になりたいです」

最終更新:10/7(金) 13:55

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています