ここから本文です

[国体少年男子]“初V”広島県登録全16選手コメント_DF佐々木達也(瀬戸内高1年)「神ってます!」

ゲキサカ 10/7(金) 14:05配信

[10.6 国体少年男子決勝 大阪府 1-2 広島県 遠野運動公園陸上競技場]

 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」サッカー競技は6日、16歳以下で実施されている少年男子の部決勝を行い、広島県がFW渡部快斗(広島ユース、1年)の決勝ゴールによって大阪府に2-1で勝利。広島は70年の選抜チーム大会移行後は初、単独チームを合わせると61年に修道高が優勝して以来、55年ぶりとなる国体少年男子の部優勝を果たした。

※ゲキサカでは優勝した広島県選抜の登録全16選手コメントを掲載。

●14 DF 佐々木達也(瀬戸内高1年)
―日本一の感想を
「やっぱり全国一というのは達成感あって誇りに思っています。このチームでやってきたことはチームに持って帰って、もっと上に行って選手権とかで会えるように頑張って行きます」

―自信になる大会になったのでは?
「自信がついたと思います。新潟戦の2点は自信になったので、自分のチームに帰ってそれを活かしてトップに上がっていきたい」

―今後はどのような部分を磨いていきたい?
「キックの技術とかまだまだ足りないと思うので伸ばしていきたい」

―次の目標を
「選手権があるので、そのメンバーに関われるように日々の練習から頑張っていきたい。(最後にこのチームは)『神ってます』。(コメントに)入れておいてください!」

最終更新:10/7(金) 14:05

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]