ここから本文です

[国体少年男子]同点弾も無念の準優勝、17年大会の出場資格持つ大阪MF岩本「来年は優勝して終わりたい」

ゲキサカ 10/7(金) 19:04配信

[10.6 国体少年男子決勝 大阪府 1-2 広島県 遠野運動公園陸上競技場]

 1点ビハインドを追って必死に攻め続けた大阪府の執念が実ったのは後半28分だった。最終ラインからを強引に抜け出したFW中川裕仁(C大阪U-18、1年)のシュートのこぼれ球をFW小松海樹(履正社高1年)が落とし、これをMF岩本翔(G大阪ユース、1年)が右足ダイレクトでゴールヘ叩き込む。

 前半から一転、攻勢となった後半。「1点は入ると思っていた」という岩本の予想通りに大阪は1点をもぎ取った。喜びを爆発させた後、すぐに冷静さを取り戻し、「まだ同点だったので切り替えて」(岩本)試合を再開させた大阪だったが、直後に失点して再び1点を追う展開に。後半アディショナルタイムにはこぼれ球に反応した岩本の強烈な左足シュートがゴール前の混戦を抜ける。だが、ボールは左ポストを弾いて外側へ。クリーンヒットしたように映った一撃だったが、本人も「打った瞬間、入らないなと思いました」と明かしたように、時間帯、場所、必死にシュートコースを消そうとする相手……それがわずかな差を生み、明暗を分けた。

 今大会はその技巧に加えてハードワーク、攻守の切り替えの部分の成長を讃えられていた岩本。本人も「こんな5試合連続で試合することはないし、疲れもある中、ハードワークして、最後まで走り切って、最後の気持ちのところとかちょっと変わったかなと思います」と自身の変化を口にする。

 この後はG大阪ユースに戻ってまた競争、成長を目指す日々を開始。一方で01年の早生まれである岩本はチームメートのMF大石修也(G大阪ユース、1年)とともに来年度国体の出場資格も持つ。「来年は今回の分も含めて優勝して終わりたいです」。2年生として出場することになった際には今回以上の存在感を示して、大阪を悲願の日本一へ導く。

最終更新:10/7(金) 19:14

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報