ここから本文です

ハートウエル再生法申請、負債23億円 雇用・営業は継続 今治

愛媛新聞ONLINE 10/7(金) 11:22配信

 老舗タオルメーカーのハートウエル(愛媛県今治市、原田政一社長)が6日、松山地裁今治支部に民事再生法の適用を申請した。代理人弁護士などによると、負債総額は約23億円で、全従業員約90人を継続雇用して営業を続ける見通し。
 東京商工リサーチ今治支店などによると、同社は1930年創業で51年に法人化した。事業拡大のため89年に市内に朝倉工場、92年に中国・天津にタオル製造の現地法人を開設。ヒット商品もあって売上高は97年12月期に約42億円を計上していた。
 しかし、近年は取引先からの受注が減ったため減収基調となり、2015年12月期は売上高約10億円に減少。14年8月の中国の現地法人閉鎖に伴う損失計上で、大幅な債務超過となった。
 今後、東京の製造業「YWM」がスポンサーとなり、資金、経営管理両面での支援を受け、自社ブランドの直販ルートを拡大する計画という。7日に債権者向け説明会を今治市内で開く。

愛媛新聞社

最終更新:10/7(金) 11:22

愛媛新聞ONLINE