ここから本文です

米CIT:航空機リースを中国海航集団傘下に売却へ-1兆円超

Bloomberg 10/7(金) 6:26配信

中国の複合企業、海航集団(HNAグループ)は、米商業金融会社CITグループの航空機リース事業を100億ドル(約1兆400億円)で買収することで合意した。

ダブリンと香港を拠点とするHNA傘下のアボロン・ホールディングスが6日発表した資料によると、同社は910機を擁するリース事業を創設する。保有機数の価値は430億ドル余り。買収手続きは規制当局と株主の承認が得られれば、2017年1-3月(第1四半期)末に完了する見通しだ。

HNAは今年に入って100億ドルを超える買収案件を発表しており、空港や航空会社、ホテルなどの旅行・レジャー事業を広げている。中国を含むアジア太平洋地域は向こう20年以内に世界最大の航空市場となる見込み。同地域での中間層の拡大で旅客需要が伸び、航空各社は機体数を増やしている。航空機事業はHNAの主力分野で、中国4位の海南航空などの航空会社を傘下に持つ。

CITは有形自己資本利益率を10%とし、向こう2年間で年間営業費用を1億2500万ドル削減する目標を3月に発表。昨年から航空機事業の売却を検討してきた。売却前の段階で同事業はCIT資産の約23%を占める。

CITの株価はニューヨーク時間6日午後5時8分(日本時間7日午前6時8分)現在、時間外取引で38ドルと、通常取引終値に比べて4.4%上昇している。

HNAが経営権を握る渤海租賃が今年1月にアボロンを76億ドルで買収した。

原題:CIT to Sell Plane-Leasing Unit to Bohai’s Avolon for $10 Billion(抜粋)

詳細を追加して更新します.

Jennifer Surane

最終更新:10/7(金) 8:45

Bloomberg