ここから本文です

米国の年内利上げ確率64%に上昇、雇用統計控え-先週初めは五分五分

Bloomberg 10/7(金) 16:25配信

トレーダーらは先週初めには年内の米利上げ確率は五分五分とみていた。今は3分の2近い確率で利上げがあると見込んでいる。

7日には米雇用統計が発表される。サービス業の拡大や製造業の回復を示すデータを受けて今週の米国債は週ベースで7月半ば以来最悪のパフォーマンスに向かっている。政策金利の動向に敏感な2年債の利回りは4カ月ぶり高水準に達した。野村ホールディングスでアジア太平洋地域の円以外の金利トレーディング責任者を務めるジョン・ゴーマン氏は「米雇用者数の伸びが市場予想を少しだけ上回る20万人前後だったら、米国債は幾分売られるかもしれない」と話している。

市場が織り込む米年内利上げ確率は64%と、先週初めの51%から上昇した。

原題:Fed Hike Odds Jump to 64% From Coin Toss as Payrolls Test Looms(抜粋)

Kevin Buckland, Lilian Karunungan

最終更新:10/7(金) 16:25

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。