ここから本文です

【パリモーターショー16】アウディ Q5 新型、新デザインのQモデル第二弾

レスポンス 10/8(土) 7:15配信

ドイツの高級車メーカー、アウディが9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16で初公開した新型『Q5』。新型『Q7』に続いて、アウディの最新デザイン言語を導入した「Qモデル」の第二弾となる。

[画像8点:アウディ Q5 新型]

エアロダイナミクスに配慮したフロントエンドでは、彫刻的な造形のシングルフレームグリルが存在感を放つ。ヘッドライトは、LEDまたは高輝度のマトリクスLEDテクノロジーを用いた仕様を設定。マトリクスLEDには、ダイナミックターンシグナルが内蔵される。

サイドビューでは、特徴的なカーブと力強いアンダーカットを形成するショルダーラインが、目を引くデザイン要素。力強く強調されたホイールアーチは、フルタイム4WDシステムのクワトロをイメージさせる。低いグリーンハウスは後方に向かうに従って、流れるように傾斜している。

リアはフロント同様、水平ラインが全幅の広さと存在感を強調。テールライトにも、オプションでダイナミックターンシグナルを装備できる。Cピラーの部分にまで回り込んだテールゲートは、アウディのQモデルに共通する特徴。ディフューザーインサートには、エグゾーストテールパイプが組み込まれた。

アウディは、「新型Q5は、街中でもスポーティで緊張感のある佇まいによって、人々の注目を集めることになるだろう」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/8(土) 7:15

レスポンス