ここから本文です

福原愛 80万人の結婚祝福に「幸せ」 歓喜の銀座パレード

デイリースポーツ 10/8(土) 5:00配信

 リオデジャネイロ五輪・パラリンピックでメダルを獲得した日本代表のパレードが7日、東京の銀座・日本橋エリアで行われ、約2・5キロのコースの沿道を約80万人(主催者発表)が埋め尽くした。卓球女子団体銅メダルの福原愛(27)=ANA=や、体操男子2冠の内村航平(27)=コナミスポーツ=ら五輪50人、パラリンピック37人のメダリストが参加。五輪とパラリンピックとの合同パレードは初めてで、リオの感動が都心で再現された。

 リオ戦士たちの凱旋パレードで、東京のオフィス街が再び歓喜の色に染まった。沿道を4年前の約50万人を上回る約80万人が埋め尽くした。6台の車両に分乗したメダリストたちが姿を見せると、人々は手製のうちわや旗を持ち、地響きのような歓声と拍手がわき上がった。

 ひときわ大きな声援を受けたのは福原だ。前回に続く2回目の参加で、「前より距離も長くなって、平日にもかかわらずたくさんの人の喜ぶ顔が見えた。一人でも多くの人に感謝を伝えたかったのでうれしい」と喜びをかみしめた。

 9月に結婚を発表。メダルとともにダブルで祝福を受け「発表してから、たくさん『おめでとう』と言われたけど、今日あらためて報告できてよかった」と、左手の結婚指輪を輝かせながら笑顔を見せた。

 夫の江宏傑(台湾)は試合期間のため不在だったものの、江やその家族に写真を送信した。「パレードの様子をたくさん送って、大勢の人がみんなビックリしていた」と、仲むつまじさをのぞかせた。

 そして、今回はパラリンピックとの初の合同パレードだった。福原は「パラリンピアンとも一緒で、とても貴重だったし、楽しかった」と振り返った。

 20年東京大会に向けて機運は高まるばかり。妻としての新たな挑戦へ「今回頑張ってメダルを獲得したことで、これだけの皆さんに喜んでもらえるのは幸せだと実感した。その思いで、また4年後もしっかり考えていきたい」と意欲を見せた。もう一度、東京に過去最大級の歓喜をもたらす。

最終更新:10/8(土) 5:00

デイリースポーツ