ここから本文です

福利厚生のポイントまとめ

ZUU online 10/8(土) 6:10配信

会社の魅力とはその業績や事業だけではなく、社員がどれだけ会社を信頼しているかというのも重要なポイントでしょう。そのためには、福利厚生の充実こそがカギとなります。

保険や年金、その他各種手当といった制度が整っていれば、社員は安心して勤務でき求人募集によって優秀な転職者を獲得することもできます。会社にとってはまさに良いことが多いのです。

■求職者が理想としている福利厚生のポイントとは

せっかく作った制度が社員のニーズとずれていては、むしろやる気を削ぐ結果を招きかねません。失敗を防ぐためにも、一つずつ分析していきましょう。

● 対象者の条件が自分にも当てはまっているか
どれだけ良い制度であったとしても、社員自身が受けられなければ全く意味がありません。誰も受けられない福利厚生では、存在する意味がないのです。形だけのものになってしまわないように、なるべく多くの層が受けられる条件を定めておきましょう。

● 長期間受けられるものか
生活を補助する制度の場合、長く恩恵を受けられる方が社員に喜ばれます。たとえば、一年限りの住宅手当などは一時的には喜ばれても、対象外になったときのことを考えると社員は不安を感じてしまいます。社員が安心して生活設計できることを、第一の目標として考えましょう。

● 精神的、あるいは金銭的な利益につながるか
福利厚生とは、対象者の利益につながるものです。奉仕活動などに強制参加させるといったものでは、むしろ負担になる可能性があります。社員の生活や仕事上での問題を十分に把握し、それを解決するような制度を作りましょう。

■福利厚生費を経費にするには?

福利厚生の充実は、社員のためだけでなく、企業自体にも金銭的な利益をもたらします。制度に費やした費用は「福利厚生費」として経費に計上することができるため、節税効果があるのです。

経費として計上可能なものには、条件があるので注意しましょう。たとえば通勤手当や出張費、慶弔見舞金に慰安旅行費などは、経費計上の対象になります。ほかにも、新年会や忘年会の費用、保養所や別荘の購入費などがあり、これらも経費に計上することができます。

重要な点としては、それが「常識的に考えて妥当か」という点です。極端な例ですが、毎日のように飲み会の費用が計上されているのは、福利厚生の範囲を超えていると判断される可能性が高いのです。また先述した保養所購入費についても、社員の多くが利用できるものでなければいけません。

節税のコツは、一つの制度に大金をつぎ込むより、いくつかのものに分散することです。たとえば住宅手当や通勤手当、慶弔見舞金といったように、複数の制度を設けると、かなりの節税効果を期待できるでしょう。

■有名企業の福利厚生

福利厚生の形態は会社によってさまざまです。企業が実際に行っている制度を紹介します。

● トヨタ自動車
同社の福利厚生は非常に充実しています。社員寮はもちろんのこと、社員は保養所やスポーツ施設を自由に利用することが可能です。

中でもユニークなのは、「ウェルチョイス」という制度です。これは、社員自身が自分に適したプランを選ぶことができるといったものです。選べるプランは、人間ドック受診料の補助や定年後の積み立て補助、ビジネスホテル利用補助に個人企画旅行費の補助など実に豊富です。

福利厚生が備わっているとかなりのコストがかかっているように思えますが、これらのサービスのほとんどが起業家による「事業」だというのですから驚きです。

社員の働き方やニーズに合った福利厚生は、その会社で働く姿をイメージする要素の一つとなります。「自社らしい」制度を考えてみてはいかがでしょうか。(提供:フクリ!)

最終更新:10/8(土) 6:10

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。