ここから本文です

カタール航空、787を30機発注 737 MAXも大量購入へ

Aviation Wire 10/8(土) 19:40配信

 ボーイングは現地時間10月7日、カタール航空(QTR/QR)が787-9を30機、777-300ERを10機発注したと発表した。カタログ価格で総額117億ドル(約1兆1700億円)相当。また、最大60機の737 MAX 8購入へ向けて基本合意(LOI)に至った。

 今回の契約のうち、787-9は新規、777-300ERは追加発注。カタール航空は現在、84機のボーイング機を運航しており、内訳は777-200LRが9機、777-300ERが34機、777F貨物機が11機、787-8が30機で、このほかに5機の777Fが受領待ち。また、777の後継機777Xも60機発注している。787-8は米GE製GEnxを選定している。

 787を中東で初めて運航したのがカタール航空で、777Xは中東のローンチカスタマーとなった。

 また、同社では初めて737シリーズを導入する見込みで、最大60機にのぼる737 MAX 8の総額は69億ドル(約6900億円)相当となる。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:10/8(土) 19:40

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。