ここから本文です

【パリモーターショー16】スマート EV 新型、ルノー日産とダイムラー提携の最新成果

レスポンス 10/8(土) 8:15配信

ドイツの高級車、メルセデスベンツ傘下のスマートが9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16で初公開した新型スマートのEV。同車は、ルノー日産とダイムラーの提携の最新の成果となる。

画像:スマート EV 新型

パリモーターショー16で初公開されたのは、新型スマートのEV3車種。新型『フォーツー』、新型『フォーツーカブリオ』、新型『フォーフォー』の3車種に、EVの「エレクトリックドライブ」が設定された。

新型スマートシリーズと新型ルノー『トゥインゴ』は、ダイムラーとルノー日産の共同プラットフォームをベースに開発した初のモデル。新型スマート フォーツーはフランスのダイムラー・ハンバッハ工場、新型スマート フォーフォーと新型ルノー トゥインゴは、スロバキアのルノー・ノボメスト工場で生産されている。

EVの中核技術となる新開発モーターは、ルノーのクレオン工場で生産。バッテリー(二次電池)の生産は、ドイツ・カーメンツにあるダイムラーの子会社、ドイチェ アキュモーティブ社が担当する。スマートは、内燃機関と電池駆動の両パワートレインを全車種にラインアップする初のブランドになった。

新型スマートシリーズと新型ルノートゥインゴの販売は、好調。これにより、ルノー日産とダイムラーは、プロジェクトのさらなる拡大を決定。今回のパリモーターショー16において、新型スマートのEV3車種の初公開が実現している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/8(土) 8:15

レスポンス