ここから本文です

高校生のスマホ所有率が93%に増加する中、 10代の「10万円以上」の高額詐欺被害13.3%

MONEYzine 10/8(土) 22:00配信

 MMD研究所は高校生921人を対象に、高校生のスマホの利用実態調査を実施し、その結果を9月20日に発表した。調査期間は8月26日から31日にかけて。

 調査結果によると、高校生のスマホ所有率は93.0%に達し、2014年より13.5ポイント増加した。フィーチャーフォンの所有率は3.8%で同11.0ポイント減少、どちらも持っていない高校生は3.1%で同2.6ポイント減少した。

 続いて、スマホで普段していることを聞くと、「LINE」が92.1%で最も多かった。以下、「インターネット検索」(88.8%)、「音楽を聴く」(77.7%)、「動画を見る」(76.5%)などが上位にランクインした。また、38.5%が「勉強で活用」と回答するなど、高校生らしさも見られた。

 このように高校生のスマホ利用が広がる中、トラブルも報告されている。ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社は、9月5日から7日にかけて、「インターネット詐欺被害実態調査アンケート」を実施した。調査対象は全国の10代から60代の男女180人で、各世代ごとの人数は30人。

 まず、「被害にあった・あいそうになった」ことがあるインターネット詐欺について複数回答で聞いたところ、金銭の搾取を目的とした「ワンクリック詐欺」が71.7%で最も多かった。以下、「偽メールによる個人情報搾取」(40.0%)、「偽のSNSによる個人情報搾取」(31.1%)、「ネット通販詐欺」(20.6%)と続いた。

 具体的な被害金額を調べると、「1,000円未満」が3.7%、「1,000円以上3,000円未満」が9.8%、「3,000円以上5,000円未満」が13.4%、「5,000円以上1万円未満」が13.4%、「1万円以上5万円未満」が17.1%、「5万円以上10万円未満」が2.4%、「10万円以上」が6.1%、「金銭の被害なし」が34.1%だった。回答を年代別に集計すると、10代では「金銭の被害なし」が53.3%で全体を上回ったものの、「5万円以上10万円未満」が6.7%、「10万円以上」が13.3%に達し、高額被害にあうケースも全体より多かった。また、利用していた端末も約7割がスマートフォンで、サイトの全体像を確認せずに購入し、詐欺にあうケースがあると同社は指摘。中には、高額商品を購入した未成年が両親に支払いを依頼し、両親がサイトの確認をせずに振り込んだケースもあったという。

 10代でも高額な詐欺被害にあっている実態を踏まえ、子どものスマホ利用には十分な注意を払う必要がありそうだ。

最終更新:10/8(土) 22:00

MONEYzine