ここから本文です

プロ野球CSの勝機はハリルジャパンの采配と共通?!

THE PAGE 10/8(土) 6:00配信

プロ野球のセ、パ交流戦が、いよいよ今日8日からデーゲームで開幕する。セは2位の巨人が東京ドームに横浜DeNAを迎え、パは日ハムと熾烈なV争いを行ったソフトバンクが本拠地ヤフオクドームで“下克上”の伝統を持つロッテと対戦する。いずれも3戦で争われる。

 果たして、今回のCSで“下克上”は生まれるのか? そのCS展望について千葉ロッテ時代に2度の下克上を経験した評論家の里崎智也氏は、「ファーストステージは、ホームかアウェーかの差はあるが、確率、可能性は、どのチームも一緒。勝敗を分けるのは、CSに合わせる調整がどうできたかに尽きる。故障していた選手の回復状況、どの程度プレーできるかもポイントになってくる」と言う。

 さらに「よくシリーズ男やラッキーボーイの出現がキーを握るとも言われているが、私から言わせれば、レギュラーシーズンに結果を残した選手が、ここにうまく調子を合わせてきただけの必然ボーイ。その意味でチームの調整、準備が問われると思う」と続けた。

 元阪神、ダイエーなどでプレーした評論家の池田親興氏も、「どういうチーム状態で臨んでくるのか。所属チームで試合出場機会が少なく調子の上げることのできない海外組を外して勝ったハリルジャパンと一緒だと思う。調子を見極め、シリーズ男と言われる選手を生み出した方が勝つ」と、香川をスタメンから外し、後半、本田、岡崎という海外組を交代させて、勝機をつかんだサッカーのハリルジャパンとCSを勝ち抜くチームを重ねた。その上で「巨人、ソフトバンクの優位は動かないだろう」と言う。

 “調子”をキーワードとするならファーストステージへ出場する4チームの戦力を見ると蓋を開けてみないとわからない。不確定要素が多い巨人は、第一戦に先発予定だった最優秀防御率&最多奪三振のタイトルを獲得した菅野に異常が発生、開幕出陣は回避された。打線を見てもクルーズが故障にプラスして“造反の疑い”でメンバーから外れた。一方、横浜DeNAも2桁勝利を挙げた山口俊が、ここには間に合わなかった。
   

1/3ページ

最終更新:10/8(土) 6:40

THE PAGE