ここから本文です

柴咲初尼姿!NHK大河「おんな城主 直虎」いいなずけ役の春馬もぞっこん

デイリースポーツ 10/8(土) 6:00配信

 女優の柴咲コウ(35)が7日、静岡県浜松市で、主役の井伊直虎を演じるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年1月8日スタート、日曜、後8・00)のロケ取材会を行い、尼姿を初披露した。いいなずけの井伊直親役の三浦春馬(26)とも息ぴったりで、知名度の低い異色ヒロインを魅力的に芽吹かせようとしている。

 「日本の棚田百選」にも選ばれた、井伊家ゆかりの地の稲穂が揺れる。収録は9月6日に始まり、3日から浜松ロケが行われている。柴咲は「直虎」を名乗る前に出家していた「次郎法師」として登場した。

 頭は丸めておらず、頭巾を取るシーンもないが、心も役に近づけようと腐心。役作りは「人間力を鍛える」と語り、「いろんな人と話したり、交流したり。この人はどういう生き方をしてきたんだろうと興味を持って話すことを実践しています」と明かした。

 初共演の三浦も、そんな“虎姫”にぞっこん。いいなずけだった2人は、戦乱の世で離ればなれとなり、直親が戻ってきた時には出家していて…という複雑な関係。柴咲は「直親とのシーンがグッときているので、注目してほしい」と手応えを口にし、三浦も「信じることのために行動するたくましさは、誰もが持ち合わせるものではない」と直虎と柴咲を重ね合わせた。

 役柄や人間関係も一筋縄ではいかない難役だが「何事にも挑戦していくことが生きる喜び」と柴咲。直虎の曾祖父、直平役の前田吟(72)は「女ヒロイン(の大河)だから『おんな太閤記』『春日局』、みんな成功してます!!」と自身の出演作を挙げ、ガハハ笑いで太鼓判を押した。

最終更新:10/8(土) 7:40

デイリースポーツ