ここから本文です

【特集】某『Home』彷彿?―仮想マンション『Tower Unite』に住んでみよう!

インサイド 10/8(土) 16:46配信

2015年にSteam Greenlightを通過し、indiegogoキャンペーンでは目標金額の50,000ドルを上回る73,648ドルを集めていたPixelTail Games開発の『Tower Unite』が、2016年4月9日よりSteam早期アクセスを開始しました。SteamSpyの統計情報によると徐々にプレイヤーが増えているようなので、筆者も実際にプレイしてみました。本記事では『Tower Unite』が一体どんなゲームなのか、そしてどのように楽しむのかをご紹介します。

【関連画像】

■『Tower Unite』はどんなゲーム?

本作は『Garry’s Mod』のModとして人気を博した「Gmod Tower/GMTower」の後継作となる、コミュニティーベースのバーチャルワールドパーティーゲームです。広場や様々なミニゲームで他のプレイヤーとコミュニケーションをとったり、マンションの一室を自分好みにカスタマイズできます。もう少し分かりやすく言えば2015年4月1日までPlayStation 3向けにサービスが行われていた「PlayStation Home」のような作品です。

「GMod Tower」(権利的にマズそうな部分もありましたが……)

「PlayStation Home」
■『Tower Unite』の特徴

『Tower Unite』は大きく分けて「Play」、「Create」、「Party」の3つの要素で構成。それぞれ次のような特徴を持っています。

「Play」
ミニゴルフからFPSまで様々なミニゲームが用意されており、オンラインで他のプレイヤーと競い合います。ミニゲームをプレイすることで仮想通貨“Units”を獲得し、後述の自宅マンションやアバターの装飾などに費やすことが可能です。

「Create」
ユーザーにはそれぞれマンションの一室が提供され、壁紙から家具に至るまで自由にカスタマイズすることができます。部屋のカスタマイズはシングルプレイとマルチプレイに対応。フレンドのみを招待したり、誰もが自由に入れるように設定することもできます。

「Party」
他プレイヤーとのコミュニケーションも本作の魅力。前述のマンションの部屋や大きな広場に集まって、ワイワイ過ごせます。広場は言わばロビーで、そこからミニゲームやマンションの部屋にアクセスしたり、様々なショップで家具などの購入を行えます。


■アバターのカスタマイズ!

ここからはスクリーンショット等を交えて実際のゲームの流れをご紹介。まずは自分の分身となるアバターを編集しましょう。アバターは「男性」・「女性」・「牛乳パック」の3種類から選択が可能。顔や服装の細かい変更はできないものの、帽子やメガネ、ネックレスなどのアクセサリをUnitsでアンロックし、装着することができます。

謎の牛乳パック
アフロは1,800Units
■集いの広場“Plaza”

アバターが決まったらコミュニティハブとなる広場“Plaza”に入ってみます。Plazaからは各種ミニゲームやマンションの部屋にアクセスできる他、家具などのアイテムが買えるショップなどが並んでいます。

広々としたPlaza
プレイヤーが入居する高層マンション
楽器ショップ
夜景も美しい

※次ページ: ミニゲーム紹介&部屋のカスタマイズ


■ミニゲームで仮想通貨を稼ごう!

ミニゲーム広場に集まる皆さん
次はUnitsを稼ぐためにミニゲームをプレイ。現時点では「Minigolf」、「Ball Race」、「Virus」、「Planet Panic」の4種類が実装されており、今後より多くのミニゲームが追加予定となっています。

「Minigolf」
様々なコースが用意されたパターゴルフ。ゲームとしての完成度が高く、非常に楽しめます。Unitsも稼ぎやすいため、恐らく一番人気のミニゲームです。


「Ball Race」
アバターがボールの中に入ってゴールを目指す、『モン◯ーボール』的なミニゲーム。このミニゲームもなかなか面白いですが、Pingが高いと操作ラグが大きく、非常に難易度が高くなってしまいます。


「Virus」
サバイバル系FPSのミニゲーム。ゲーム開始時に選択された1人の感染者は生存者に襲いかかって仲間を増やし、生存者はそれを阻止して生き延びます。こちらも「Ball Race」同様にPingの影響を受けやすいものの、それなりに楽しめます。


「Planet Panic」
2チームに分かれてボールを奪い合うミニゲーム。あまり人気がないのか、人数が集まらず筆者はまだプレイできていません……。

ゲームに参加予定の方々
バラエティに富んだミニゴルフのコース
ゴロゴロ~
迫り来る感染者!
■部屋のカスタマイズ!

Unitsが貯まったら自分の部屋をカスタマイズしてみましょう。部屋というよりは一軒家の豪華な邸宅で、プールやプライベートビーチを備えています(高層マンションのはずなのに……)。部屋を彩る家具や雑貨はPlazaに点在するお店で購入します。なお、部屋の壁紙も好みで変えられます。

豪邸!
プールにビーチ付き!
壁紙張替え
ショップで品定め
他ユーザーさんの部屋に突撃。す、凄い…!
家具の中にはYouTubeの映像を流せるテレビやモニタ、インターネット上の画像を貼り付けられる額縁、実際に演奏可能な楽器も存在し、フレンドとの交流も非常に楽しいものとなります。ちなみに、Plazaにある映画館でもYouTubeの映像を流すことができます。

マイルーム
テレ東(YouTube)を見ながら飯
ポスターを貼る
ピアノが弾ける!
ドラムも叩ける!

※次ページ: まとめ&さらなるスクリーンショット!


■まとめ&スクリーンショット!

『Tower Unite』は早期アクセスのため、ミニゲームやショップが少なかったりと足りない部分もまだ多いですが、今後の発展が非常に楽しみな作品です。価格は14.99ドルの買い切り型で、マイクロトランザクションやサブスクリプションの搭載予定はありません。正式リリースは2016年末を予定しています。興味が湧いた方は是非『Tower Unite』に入居してみてはいかがでしょうか。それでは最後にもういくつかのスクリーンショットをご紹介。

メインメニューからは各エリアに直接アクセス可能
Plazaで見かけた人
フェドラ帽でおめかし
一応動くけどまだ開発中
おもちゃ屋さん
ボウリングはまだできない
ジェットパックは気持ちいい
ホールインワン!
今だっ!
「Virus」病院マップ
購入したアイテム(Steamインベントリに入ります)
映画館
映画館にYouTubeの映像を流す
※本記事の内容は2016年5月時点での情報です。

最終更新:10/8(土) 16:46

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]