ここから本文です

GLIM SPANKY、勝手に観光協会Z&ストレイテナーと自主企画公演を開催。「全然違う景色の2日間になると思います」

M-ON!Press(エムオンプレス) 10/8(土) 11:49配信

今夏公開の大ヒット映画「ONE PIECE FILM GOLD」の主題歌に大抜擢され、主題歌「怒りをくれよ」で全国にその名を轟かせたGLIM SPANKY。

【詳細】「闇に目を凝らせば」MVはこちら

9月22日より、長野CLUB JUNK BOXを皮切りに初の全国ワンマンツアー『Next One TOUR 2016』がスタート、各地のライブ会場は熱気に包まれている。

なお、同ツアーは、13会場のチケットが全公演ソールドアウト。今のGLIM SPANKYの勢いを裏付ける好結果となった。このツアーの最終公演は10月30日、東京・新木場STUDIO COASTで行われる。

また、12月8・9日には自主企画『MAGICAL WEEKEND PARTY』の2公演が決定。1日目は勝手に観光協会Z、2日目はストレイテナーをそれぞれゲストに迎え、2夜連続で熱いステージを繰り広げる。

みうらじゅん賞受賞や、映画「変態だ」エンディングテーマ作曲など、かねてから親交がある、みうらじゅん率いる勝手に観光協会Zと、レーベルメイトであり、プライベートでもメンバー同士仲がいいが、ライブは初共演となるストレイテナーをゲストに迎えた本イベント。

メンバーは「毛色のまったく違う2組の先輩とのイベントを企画しました! 全然違う景色の2日間になると思います! ぜひ遊びに来てください!」とコメントしている。

本日10月8日には、GLIM SPANKYのアルバム『Next One』に収録された楽曲「闇に目を凝らせば」が主題歌として起用された、映画「少女」が公開。主題歌「闇に目を凝らせば」は、ライブでGLIM SPANKYに一聴き惚れした三島有紀子監督がメンバーに熱烈オファー、映画のために書き下ろされた楽曲となっている。

「闇に目を凝らせば」について、映画「少女」で主演を務めた本田翼は「心が、ぎゅってなるような、苦しいだけでない曲調がとても素敵です……!」とコメント。

また、同じく映画に出演した山本美月は「GLIM SPANKYさんの音楽を買ったときに、歌詞を読んだら<少女>にピッタリだったので、鳥肌が立ちました。この映画は少女の時代を今経験している方、経験した方にも観ていただきたいですし、男性の方ものぞき見るような気持ちで観ていただけたらなと思います」とコメントしている。

初の全国ワンマンツアー『Next One TOUR 2016』でも「闇に目を凝らせば」が披露され、各地で大好評とのこと。秋深まる時期に、しんみりと聴きたい楽曲だ。

10月に入っても話題に事欠かないGLIM SPANKY。全国に吹き荒れるGLIM SPANKY旋風は収まりそうにない。

映画情報
「少女」
10月8日(土)公開
原作:湊かなえ
監督:三島有紀子
主演:本田 翼、山本美月
(C)2016「少女」製作委員会

リリース情報
2016.07.20 ON SALE
ALBUM『Next One』

ライブ情報
MAGICAL WEEKEND PARTY vol.1
12/08(木) 東京・原宿アストロホール
ゲスト:勝手に観光協会Z

MAGICAL WEEKEND PARTY vol.2
12/09(金) 東京・原宿アストロホール
ゲスト:ストレイテナー

映画「少女」 OFFICIAL WEBSITE
http://www.shoujo.jp/

GLIM SPANKY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glimspanky.com/

最終更新:10/8(土) 11:49

M-ON!Press(エムオンプレス)