ここから本文です

なぜ彼らは“巻き込まれる”!? ドキドキを一緒に体感!『われらが背きし者』『ジェイソン・ボーン』ほか

cinemacafe.net 10/8(土) 16:00配信

少しずつ秋の始まりを感じ始める今日このごろ。エネルギッシュに過ごした夏の名残から、ついボーっとして過ごしてしまうなんて人も多いのでは? そんな時期の映画鑑賞には、刺激的な体験ができる“巻き込まれ映画”がおすすめ。主人公がどんどん事件に巻き込まれていく“巻き込まれ映画”は、観客も映画の世界に入り込み、登場人物と一緒にハラハラ、ドキドキを楽しむことができる。この秋、平凡な大学教授に、元・諜報部員、宗教象徴学者と、それぞれ色の違った主人公たちが大きな事件に巻き込まれていく、そんな映画が3本連続で公開される。

【画像】巻き込まれ作品3作品

まず、『われらが背きし者』(公開:10月21日)は、『裏切りのサーカス』などのスパイ小説の巨匠として知られるジョン・ル・カレの人気原作を映画化。友情、裏切り、復讐、愛が複雑に絡み合う人間ドラマを、スリリングかつエモーショナルに描き出した緊迫のスパイ・エンターテインメントだ。

巻き込まれるのは、平凡な大学教授の夫ペリー(ユアン・マクレガー)とその妻ゲイル(ナオミ・ハリス)。モロッコでの休暇中、偶然知り合ったロシア・マフィアのディマから、組織のマネーロンダリング(資金洗浄)の情報が入ったUSB を英国秘密情報部、MI6に渡して欲しいと懇願される。突然の依頼に戸惑う2人だったが、ディマと家族の命が狙われていると知り、仕方なく引き受けることに…。『ゴーストライター』や『砂漠でサーモンフィッシング』など、これまでも何かと巻き込まれる役柄が多かったユアンが、今回も国家を揺るがす大事件に巻き込まれる。

スパイといえば、2002年に誕生した「ボーン」シリーズの最新作『ジェイソン・ボーン』(公開中)。マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンの、新たなる物語がついに始動。記憶を失い、なぜ自分が執拗に追われる立場であるのか、その真実を追いながら闘い続けたボーンは、前作ですべてを思い出したはずだった。だが、何年も姿を消していた彼は、あることがきっかけで再び戻ってくる。彼が巻き込まれる、新たな試練とは? シリーズ新キャストとして、いま最も世界の注目を集める若手女優アリシア・ヴィキャンデルが出演することでも話題。

そして、全世界を熱狂させた『ダ・ヴィンチ・コード』(’06)、『天使と悪魔』(’09)のシリーズ第3弾『インフェルノ』(公開:10月28日)もついに公開。これまで、数々の歴史の謎に巻き込まれてきた、トム・ハンクス演じる宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授。今回は、人類滅亡の恐ろしい計画を企てている生化学者ゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄篇(インフェルノ)>に隠した暗号の謎に挑むが、記憶喪失になっているとのうわさもあり…。ラングドン教授とコンビを組むのは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』も控えるフェリシティ・ジョーンズ。

日常とかけ離れていても、どんなキャラクターにも共感できるのは “巻き込まれ映画”ならでは。この秋は、“巻き込まれ映画”で刺激的な体験をしてみては?

『われらが背きし者』は10月21日(金)よりTOHO シネマズ シャンテほか全国にて公開。

最終更新:10/8(土) 16:00

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]