ここから本文です

ツーリングの聖地で新型ハーレーの快適性向上を実感…HDJ社長も手応え

レスポンス 10/8(土) 11:15配信

ハーレーダビッドソン ジャパン(HDJ)は9月下旬、北海道にて1グループ2日間ずつのメディアツアーを2回に分けて開催。阿寒湖畔のリゾートホテルにて2017年モデル技術説明会をおこない、2日間にて600km超をライディングするツーリングを実施した。

[写真48点]

HDJフィールドオペレーションディレクターの平田寿樹氏は、新作エンジン「ミルウォーキーエイト」がツーリングファミリーなど9機種に搭載され、4バルブ&1カム化したことなど詳細を明かすと「パワーとトルクが向上するだけでなくメンテナンス費用を低減し、信頼性を上げています。そしてハーレーらしい鼓動は残しました」と、付け加えた。

また新型のカウンターバランサーをエンジンに内蔵し、フレームへの搭載にも新しいラバーマウントを採用したことで「長距離走行でも快適でスムーズな走りを実現しています」と、その出来映えに自信をのぞかせる。

同社代表のスチュアート・ファレル氏もツーリングに同行し、美幌峠や知床横断道路など道東のダイナミックなルートをメディア陣と一緒にライディング。ツアーを終えると、次のように述べた。

「我々の晴らしいバイクで、皆さんとライドをご一緒でき、心より楽しむことができました。素敵な道を共に走ることで、ライディングや我々のブランドに対する情熱を皆さんにお伝えできたかと思います」(スチュアート・ファレル氏)

従来からロングライドを得意とするハーレーダビッドソンだが、新型エンジンの採用に加えて、前後サスペンションを一新したことによって乗り心地が向上し、コンフォート性に磨きをかけている。600km超という長い距離を走り込んだことで、それが強く実感できた。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:10/8(土) 11:15

レスポンス