ここから本文です

超変革2年目へ「掛布の声」を聞く!阪神球団トップ直々に宮崎で3者会談

デイリースポーツ 10/8(土) 6:03配信

 阪神の球団トップが11日に宮崎を訪れ、掛布雅之2軍監督(61)と「編成会議」を行うことが7日、分かった。現在、みやざきフェニックス・リーグで指揮を執る背番号31のもとに四藤球団社長、高野球団本部長が赴き、11日夜に会食を予定する。チームの底上げを主題にドラフト、FA、新外国人など、熱く意見交換を行うと見られる。

 球団幹部が遠路足を運び、「掛布の声」を聞く。みやざきフェニックス・リーグの第2クール中に、四藤社長と高野本部長の球団トップ2人が宮崎へ向かうことが分かった。2軍関係者によれば、11日の夜に宮崎市内で掛布2軍監督を交えた3者会談が行われる予定で、「超変革」2年目へ向けた戦力の底上げについて話し合われると見られる。

 若手の現状報告にとどまらない。毎年夏場に行われる拡大編成会議は通例1、2軍両監督を交えて行われるが、8月27日に行われたその場に掛布2軍監督は不在。改めて、編成上の話題が上がることは間違いないだろう。

 金本監督の意向を踏まえた上で、ファームトップの意見に耳を傾ける。ドラフトやFAの動向、新外国人の必要性…。ミスタータイガースのフィルターにかければ、発想の転換、新たな構想が生まれるかもしれない。

 構想外選手の見極めもそうだ。筒井や小嶋、坂、柴田ら既に9選手に戦力外通告が行われたが、2次通達はこれから。原則としてCS全日程終了翌日から日本シリーズ終了翌日までとなるが、チーム強化のために思いきってふるいにかけ、決断しなければいけないこともある。

 球団幹部はフェニックス・リーグの観戦を予定している。Bクラスからの巻き返しを目指す来季は、今まで以上にファームからの戦力の押し上げが不可欠になる。望月、植田ら新戦力となり得る若虎にとってアピールの機会にもなる。この日の練習試合・巨人戦(清武第二)は雨天のため中止。天候不良が続き、ここまで公式戦を含めて3試合が取りやめになった。掛布2軍監督も「しょうがない」と嘆いたが、実戦漬けの日々は今月24日まで続き、生存競争は熱を帯びる。

 「外で見る野球と、内(部)で見る野球は違う」と、掛布2軍監督は言う。DC時代とは違う「新しく見えたもの」をチームに還元できればいい。宮崎の夜を有意義な「編成会議」にする。

最終更新:10/8(土) 7:39

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。