ここから本文です

稲垣吾郎「僕は基本的に闇」発言で本田翼、山本美月に引かれても悠然

映画.com 10/8(土) 15:55配信

 [映画.com ニュース] 湊かなえ氏の100万部を超えるベストセラー小説を映画化した「少女」が10月8日、全国248スクリーンで公開。主演の本田翼をはじめ山本美月、稲垣吾郎、「アンジャッシュ」の児嶋一哉、佐藤玲の共演者、三島有紀子監督、湊氏が東京・新宿バルト9日で舞台挨拶を行った。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 それぞれが心に闇を抱えるキャラクターを演じサスペンスだが、最近感じた闇について聞かれた本田は「お休みの日に、何も食べずひたすらゲームをしていた。おなかがへったと思う瞬間はあったけれどシカトして、テレビと18時間くらい向き合っていた」と告白。山本もうなずきながら、「急に休みになると何していいか分からないよね。私も1日で、アニメを1クール見ることもある。この前の3連休は1人で映画館通いをしていた」と明かした。

 稲垣は「僕は基本的に闇ですから」と自ちょう気味に宣言し、「部屋はキャンドルや間接照明しかないし、よく占いの館と言われるけれど、暗い方が心地良い」と打ち明けた。その上で、じゃっかん引き気味の本田と山本に「2人とも、友達いないんだね」とツッコみ、同じ質問で切り返されると「いるよ。中年のおじさんだけれど」とかねて公表している同居人をネタに笑わせた。

 それでも、「2人とも大変な役で、自分が20代の頃なら乗り越えられたかなと思うくらい難しいと思う。現場ではすごい集中力で役になりきっていた」と評価。山本は、「とても大切だなと思っていたシーンですごく時間がかかってしまい、何テイクも付き合ってくださった。本当にお世話になりました」と感謝した。

 湊氏は、「本田さんと山本さんはピッタリだとすぐイメージできたけれど、ギャップがあったのが稲垣さんで、うさん臭い役なので申し訳ない気分だった。でも、現場を見学させてもらい、完成した作品を見るともう(役名の)高雄孝夫にしか見えなかった。稲垣さんと話すと緊張するけれど、高雄孝夫だと思うと普通に話せる」と感激の面持ち。稲垣は、「湊さんの中ではずっと高雄孝夫でいいです。同い年ですし」と優しくフォローしていた。

 また稲垣は退場の際、「SMAP」の解散に関しファンへのメッセージを求められると「頑張りますので」とだけコメントし、軽く頭を下げた。

最終更新:10/8(土) 15:55

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]