ここから本文です

伊代表FWペッレ、監督との握手拒み中国に送り返される

ISM 10/8(土) 11:08配信

 現地時間7日(以下現地時間)、2018年W杯欧州予選を戦うイタリア代表からFWグラツィアーノ・ペッレ(山東魯能/中国)が外れたことが分かった。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督との握手を拒んだことが理由となっている。

 問題が発生したのは6日に行なわれたスペイン戦の後半。先発していたペッレは59分に途中交代を告げられたが、その際にヴェントゥーラ監督との握手を拒否していた。

 FIGC(イタリアサッカー連盟)はペッレを所属クラブの山東魯能に送り返したことを明かしており、同選手が9日のマケドニア戦を欠場することが確定した。

 ペッレは写真・動画共有アプリ『インスタグラム』上でこの件を謝罪。自らの振る舞いを「許されないもの」とし、「その責任を取るのは当然」と反省の弁を述べている。(STATS-AP)

最終更新:10/8(土) 11:08

ISM

スポーツナビ サッカー情報