ここから本文です

川村昌弘が2位に浮上 2打差で最終日へ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/8(土) 20:08配信

◇アジアン◇BNIインドネシアマスターズ 3日目(8日)◇ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)◇6947yd(パー72)

見たい選手を検索できる! ピックアップフォトギャラリー

首位と1打差の3位から出た川村昌弘が6バーディ、2ボギーの「68」と伸ばし、通算11アンダーの2位タイに浮上。首位との差は2打に開いたが、アジアンツアー通算2勝目に向けて絶好のポジションで最終日を迎える。

川村は2013年に、日亜ツアージョイント競技「アジアパシフィックパナソニックオープン」を制し、アジアンツアーのシード権を獲得。以降14年から今に至るまで、両ツアーを掛け持ちする多忙なスケジュールをこなし続けている。日本国外での同ツアー優勝となれば、2010年に年間3勝を挙げた平塚哲二以来となる。

通算13アンダーで首位を走るのは、川村と同じ23歳でツアー未勝利のプーム・サクサンシン(タイ)。川村と並ぶ2位タイに、オーストラリアのカレム・リチャードソン。通算10アンダーの4位に、ツアー通算13勝を誇るトンチャイ・ジェイディー(タイ)とマーカス・フレイザー(オーストラリア)が続いた。

最終更新:10/9(日) 18:36

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

なぜ今? 首相主導の働き方改革