ここから本文です

ドルトムントMFカストロ、最悪4週間離脱か バイエルン戦までの復帰は…

ISM 10/8(土) 15:24配信

 現地時間7日(以下現地時間)、ドルトムント(ドイツ)に所属するMFゴンサロ・カストロが4週間離脱の可能性との情報が浮上した。独『キッカー』誌、『ビルト』紙(電子版)などが伝えている。

 カストロは1日に行なわれたブンデスリーガのレヴァークーゼン戦で先発出場したものの、前半のみで退いていた。トーマス・トゥヘル監督は試合後、相手のファウルがあまりに多かったと述べ、そのためにカストロらを交代させなくてはならなかったと話していた。

 報道によれば、カストロは内転筋を傷めており、少なくとも14日の第7節ヘルタ・ベルリン戦は欠場の見込み。今後精密検査が行なわれる予定だが、最悪の場合は1カ月の離脱になる可能性があるという。

 10月から11月にかけて、ブンデスリーガ、チャンピオンズリーグ、ドイツカップの3大会をこなさなくてはならないドルトムント。10月29日には宿敵シャルケとのダービー、11月19日にはバイエルンとの大一番が控えている。ここまで公式戦10試合3ゴール6アシストと絶好調だったカストロだが、それまでに完全復調するか時間との戦いになりそうだ。

最終更新:10/8(土) 18:08

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]