ここから本文です

亀田和毅が協栄ジム入り 日本で試合可能に…兄・興毅氏の要望に金平会長快諾

デイリースポーツ 10/8(土) 6:04配信

 ボクシングの協栄ジムは7日、亀田3兄弟の末弟で元WBO世界バンタム級王者の亀田和毅(25)と所属契約を結んだと発表した。週明けにも日本ボクシングコミッション(JBC)にライセンスを申請する。

 亀田ジムは13年12月の次男・大毅の「負けても王座保持」問題で会長らがJBCから資格停止処分を受け、日本で試合ができない状態が続いている。長男の亀田興毅氏(29)が金平桂一郎会長(50)に「和毅を協栄ジムで預かってほしい」と要望し了承を得た。

 会見した興毅氏は「和毅がまた日本でできることになって純粋にうれしく思う」と笑顔を見せた。金平会長も「なるべく早い時期に試合を実現させたい」と話した。亀田側はJBCに対し、資格停止で生じた約6億6千万円の損害賠償を求め係争中だが興毅氏は「弁護士に任せている」とし、金平会長は「それは別問題」と申請への影響を否定した。

 和毅は現在、15日にメキシコで予定される次戦に備え、米ラスベガスで合宿中という。

最終更新:10/8(土) 7:51

デイリースポーツ