ここから本文です

中3の加藤清史郎 小6役に「最後の小学生役」

東スポWeb 10/8(土) 14:25配信

 子役の松本来夢(13)、久志本眞子(13)が8日、都内で行われたダブル主演映画「クハナ!」の舞台あいさつに、共演の加藤清史郎(15)らと登場した。

 作家・秦建日子氏(48)の初監督作品で、少子化が進み、廃校が決まった三重県桑名市の小学校を舞台に、子供たちがジャズバンドを結成し、街に希望を与える物語。東海地区の先行上映に続きこの日、全国公開となった。

 NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの子供時代を演じ、人気を博した松本は「今日はワクワクしながら舞台あいさつに来ました。もっとたくさんの方に見ていただきたいので盛り上げていきたい」と意気込んだ。久志本は「私は映画に初めて出演して、主演も初めて。初日を迎えられ、とてもうれしいです」と初々しく話した。子役時代にトヨタCMの子供店長などで活躍し、大人気だった加藤は2人の同級生役を演じた。

 イケメンに成長した姿も話題となった加藤は「僕は中学3年ですが、小学6年生を演じました。最後の小学生役になるかなと思って精一杯演じました。一緒に盛り上げていきたい」と話した。

 舞台あいさつには共演した女優の多岐川裕美(65)、俳優の風間トオル(54)、SKE48の大場美奈(24)らも登壇した。

最終更新:10/8(土) 14:25

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革