ここから本文です

2016年メーカー純正ナビ顧客満足度調査…高級車はレクサスが5年連続1位

レスポンス 10/8(土) 18:30配信

J.D.パワーは、2016年日本ナビゲーションシステム顧客満足度調査・自動車メーカー純正ナビカテゴリーの結果を発表した。

[関連写真]

調査は今回が9回目。2014年4月から2016年3月に新車を購入した純正ナビ利用者を対象に、今年7月下旬にWEB調査を実施し、7278人から回答を得た。ナビゲーションシステムに関して「ナビゲーション機能」、「音楽/映像機能」、「操作性」、「モニター」の4つのファクターで評価してもらった。

2016年の業界平均の総合満足度は519ポイント。調査内容の改訂を行った2013年以降、業界平均値は520ポイント前後を推移しており、満足度水準はほぼ横ばいで推移している。

2016年の総合満足度ランキングでは、ラグジュリーブランドセグメントではレクサスが642ポイントで5年連続1位となった。ポイントが平均を上回ったのはレクサスのみ。2位はBMWで534ポイント、3位はメルセデス・ベンツで530ポイントとなった。4位がアウディ、5位がボルボだった。

量販ブランドセグメントではトヨタが532ポイントで2年連続で1位となった。2位はホンダで522ポイント、3位はスバルの518ポイントで、ここまでが平均ポイント以上。

4位が日産で511ポイント、5位がフォルクスワーゲンで508ポイントだった。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/8(土) 18:30

レスポンス