ここから本文です

フィギュア 真央今季初戦は2位 “赤のフリー“も演技まとめる

デイリースポーツ 10/8(土) 8:15配信

 フィギュアスケートのフィンランディア杯は7日(日本時間8日)、フィンランドのエスポーで女子フリーが行われ、SP2位発進の浅田真央(26)=中京大=は121・29点、合計186・16点で2位だった。フリーでトップの122・54点を出したSP3位のケイトリン・オズモンド(カナダ)は合計187・27点とし、逆転優勝。SP首位のアンナ・ポゴリラヤ(ロシア)は3位だった。

 真っ赤な衣装を身にまとい、真央が力強く、優雅に舞った。黒の衣装で決めたSPのフィニッシュポーズから始まる、フリーのプログラム。SP・フリー共にスペインの作曲家ファリャの「リチュアルダンス」を使い、2つがそろってストーリーが完結するという“大作”を見事に演じきった。

 冒頭のダブルアクセルはきれいに着氷。続く3回転-2回転も加点がつく出来栄えで決めた。苦手の3回転ルッツは踏みきりに注意マークが付くも、演技後半のジャンプは全て加点付き。ステップやスピンに取りこぼしはあったが、オーケストラの壮大な音色と融合し、シーズン初戦で演技をまとめた。

 フィニッシュポーズで拍手に包まれると、ホッとしたのが大きく息をつき、両手を腰に当てた。戦前には「1試合1試合、自分のできることをやり続けていきたい。好きなプログラムなのでしっかりと演技して、どこまで評価してもらえるか確かめたい」と話していた真央。キスアンドクライでは笑顔も見せたが、ここからの上向いていく道のりを確認したかのように、小さくうなずいていた。

最終更新:10/8(土) 8:44

デイリースポーツ