ここから本文です

【東京モーターフェス16】「やっと乗れた」 公道はスポーツカー、場内は超小型モビリティに行列

レスポンス 10/8(土) 19:30配信

各メーカーの最新車両を“お台場特別ルート”で回遊試乗できるコーナーは、スポーツカー。会場内特設コースの試乗コーナーでは、次世代モビリティに行列ができた。トヨタ『i-ROAD』に「やっと乗れた」という参加者は、「なんでもっと普及しないのかな?」と首を傾げていた。

[関連写真]

次世代モビリティ試乗コーナーは、トヨタ、ホンダ、日産のパーソナルモビリティ・超小型モビリティに「一気に全部乗れる」ということで、大勢の“新しいもの好き”たちでにぎわい、整理券を配るスタッフは「列が途切れない」と苦笑い。小雨の初日、大型テント内で試乗できるトヨタ『Winglet』やホンダ『UNI-CUB β』のブースには長い列。「とくに女性の姿が多く見受けられる」とホンダスタッフは話していた。

また、Wingletには試乗条件のひとつに「身長140cm以上、185cm未満」というルールがあり、この枠にはずれたキッズが「乗りたい!」とパパにせがむ姿もあった。そのパパは、「パパが乗ってあとでどんな感じだったか教えるから。ママといっしょに待ってて」と伝え、列に並んだ。

最新車両を“お台場特別ルート”で回遊試乗できるコーナーのスタッフは、「もう、やっぱり、ホンダ『NSX』やマツダ『ロードスター』、スバル『WRX S4 tS』などが人気。そのなかでも4ドアで4人いっしょに乗れるWRXは、ファミリーのエントリーが多い」と話していた。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:10/8(土) 19:30

レスポンス