ここから本文です

濃霧も「分かってた」 笠りつ子が千金イーグルで暫定首位

ゴルフ情報ALBA.Net 10/8(土) 19:08配信

<スタンレーレディスゴルフトーナメント 2日目◇8日◇東名カントリークラブ(6,586ヤード・パー72)>

濃い霧でのサスペンデッドにイボミも苦笑い…?

 国内女子ツアー「スタンレーレディス」の2日目は、断続的に降り続いた雨によるコースコンディション不良や濃霧による中断で競技の進行が大幅に遅れた。この日ホールアウトできたのはわずか3組で、最終組がハーフを終わった17時に日没サスペンデッドが決まった。日曜日の再開は9時を予定し、競技は36ホールの短縮競技になることが決定した。トータル5アンダーで笠りつ子、アン・ソンジュ(韓国)、福嶋浩子の3選手が暫定首位に立った。

 9ホール消化で中断となった笠のスコアが動いたのは8番パー5。打ち下ろしのティショットを豪快にかっ飛ばしフェアウェイをキープすると、残り155ヤードのセカンドショットを7番アイアンでピン手前1メートル弱につけてイーグルを奪った。グリーンを囲んだ大勢のファンから大声援を浴びると、はにかんだような笑顔をみせた。

 中断により集中力を保つのが難しい状況だったが、「ここのコースはこうなるのは分かっていた」とツアー中堅選手としての落ち着きもあった。1打差で追いかけてくるのは勝みなみや畑岡奈紗といったアマチュアのツアーチャンプ達だが、「今週もアマチュアが来るような気がするけどダメですから!私は私のプレーを。勝ちたいですけど、欲張らず。あとは神頼み!」と笑顔で話した。

 今週は同郷の大先輩、古閑美保が中継局のレポーターとして来場している。「今日は上がり3ホールについてくれました。変なところは見せられないなと。明日もしっかりやりたい」。尊敬する先輩の前で今季3勝目静かに闘志を燃やし9ホールの短期決戦に挑む。

【2日目の暫定順位】 
1位T:笠りつ子(-5)
1位T:福嶋浩子(-5)
1位T:アン・ソンジュ(-5)
4位T:畑岡奈紗@(-4)
4位T:勝みなみ@(-4)
4位T:イ・ボミ(-4)
4位T:鈴木愛(-4)
8位T:ペ・ヒギョン(-3)
8位T:黄アルム(-3)
8位T:永井花奈(-3)

(撮影:小路友博)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/8(土) 19:08

ゴルフ情報ALBA.Net