ここから本文です

近未来SFマンガ「AIの遺電子」出張掲載 第1話「バックアップ」

ねとらぼ 10/8(土) 11:39配信

 AI(人工知能)を搭載したヒューマノイドがいる近未来を舞台にした医療マンガ「AIの遺電子」。2015年11月から週刊少年チャンピオンで連載中の同作がねとらぼに期間限定で登場します。

【マンガ】第1話

 作者の山田胡瓜先生は元IT記者。仕事で培った知見が反映されていることもあり、現実の未来を見据える上で参考になる作品に仕上がっています。今回の企画では、各エピソードに関連した質問をぶつけてみました。気鋭の漫画家は何を考えているのか。次回は10月9日更新。

●第1話「バックアップ」

 主人公の医者・須堂の元へやってきた女性ヒューマノイド。禁止行為である“記憶のバックアップ”をしたことで、致命的な不具合が生じてしまったのです。それを解決するためには、ある問題があり――。

●Q&A

――「AIの遺電子」に出てくるヒューマノイドは成長するんですか? それともボディーを定期的に入れ替えている?

胡瓜先生:ヒューマノイドの多くは生きたバイオボディーを使っていて、人間と同じように成長して老化します。ただし、年老いてから若いボディーに乗り換えるといったこともできます。一部の人はマシンボディーを使っていて、こうした人達は容姿がずっと変わりません。

――近年、人工知能が人間の能力を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)が注目を集めています。実際に到来すると思っていますか? 

胡瓜先生:いつかは人間よりも総合的に優れたAIが必ず登場すると思います。でも、それがいつかは見当もつきません。2045年なのかもしれないし、もっと先かもしれません。その日が来る前に、AIとどう付き合っていくべきか、あれこれ議論したほうが良いと思います。

――「AIの遺電子」とあわせて読むと理解が深まる(楽しめる)作品があれば教えてください

胡瓜先生:スピルバーグの「A.I.」とか、今見ると面白いかもしれません。母親に対する絶対的な愛情をプログラムされた主人公は、心があるようにも見えるけど、愛というプログラムから逃れられない忠実なマシンにも見えます。

●作者プロフィール
山田胡瓜(やまだ・きゅうり)

漫画家。2012年、「勉強ロック」でアフタヌーン四季大賞受賞。元ITmedia記者としての経験を基に、テクノロジーによって揺れ動く人間の心の機微を描いた「バイナリ畑でつかまえて」をITmedia PC USERにて連載中。Kindle版はAmazonコンピュータ・ITランキングで1位を獲得した。2015年11月、週刊少年チャンピオンにて初の長編作品となる「AIの遺電子」を連載開始。

最終更新:10/8(土) 12:15

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]