ここから本文です

【グッドイヤー ベクター4シーズンズ】軽からミニバンまで、適合サイズ揃え拡販へ

レスポンス 10/8(土) 20:30配信

日本グッドイヤーはオールシーズンタイヤの『ベクター4シーズンズハイブリッド』を、8月より国内生産に切り替え、また、サイズバリエーションが大幅にアップさせた。

[関連写真]

日本グッドイヤーマーケティング本部マーケティング担当部長の中村裕氏は、「これまでの輸入から、国内製にしてデリバリー性を高めたことと同時に、サイズラインアップが 23から44に増えたことだ」とし、「軽自動車から大型のミニバンまで、日本車のニーズに合ったサイズの拡大をしたことが大きな強み」と述べる。

実は過去、サイズの少なさで商機を逃していたという。「首都圏のユーザーが(スタッドレスに)履き替える必要がないとベクターを選ぼうとしても、欲しいサイズがないことが多くあった」と中村氏。そこで、「新車のカタログサイズをベースに大幅に選択肢を増やした」と説明する。

一方、幅広いクルマ向けとはいえ、サイドウォールのデザインや、トレッドパターンによっては大型サルーンへのマッチングに一考の余地もある。中村氏は、「縦方向の“リブパターン”は静穏性に優れているのに対し、ベクターはその性格上(雪道にも強くするため)形状をある程度変更しており、ノイズに対しては不利になることは事実だ」と述べる。ただし、「静粛性の高いサルーンは、同時に遮音に気を使っているので、大きく気になることはないだろう」ともいう。いずれにせよ、実際に体験してみないとわからない部分でもあるため、「今後は積極的にユーザーに伝えられる活動を行っていく」とした。

そして、ベクターを履くことで「いつでも季節を問わず出かけたい時に出かけられる。アクティブになってもらうきっかけになれば」と語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:10/8(土) 20:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。