ここから本文です

「HiGH&LOW」第2弾初日にTAKAHIRO、登坂広臣、岩田剛典らが裏話披露

音楽ナタリー 10/8(土) 13:15配信

映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」の初日舞台挨拶が本日10月8日に東京・丸の内ピカデリーで開催。出演者のEXILE TAKAHIRO、登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、斎藤工、岩田剛典(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、EXILE)らが登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「HiGH&LOW THE RED RAIN」はエンタテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」の劇場版第2弾となる作品。TAKAHIRO、登坂、斎藤が演じる雨宮三兄弟を主役に、兄弟の絆とこれまで明かされなかった秘密を描く。

この日の舞台挨拶では映画のタイトルにちなみ「現場での赤裸々な出来事」を登壇者たちが明かした。TAKAHIROは本作より新キャストとして加わった、三兄弟の長男・尊龍を演じる斎藤について「お兄ちゃんが加わるのを心待ちにしていたんですけど、現場に入るなりこのオーラと下ネタで包んでいただいて(笑)」と語り、斎藤から「それはお互い様で(笑)」と突っ込まれる。斎藤は感動的なラストシーンの撮影について振り返ったあと、「ちなみに今日はタイトルにちなんで、赤いパンツを履いてきました!(笑)」と明かし、TAKAHIROから「僕もです」と返されて「じゃあ、あとで見せ合いっこしましょう」と意気投合する。そんなやり取りを傍らで見ていた登坂は「今日、僕らが出る舞台挨拶が9回あるんですよね? 最後のほうはどうなっちゃうんでしょう……(笑)」と、兄2人の暴走っぷりを心配し、ファンを笑わせた。

雨宮三兄弟に手を貸すことになる山王連合会の総長、コブラを演じた岩田は撮影期間がわずか2日だったとのこと。「2シーン撮ったのに、1シーンがまるまるカットになって。雨宮三兄弟がなぜここまで強いのかを説明するシーンがあったんです」と語ると、ファンから残念そうな声が上がった。一方、TAKAHIROはそんな岩田との共演場面を「コブラのほうを振り返ってセリフを言うんですけど、岩ちゃんの顔を見たら近づきたくなっちゃって(笑)。リハーサルで思いっきり近寄ってみたら、岩ちゃんが『えっ、何すんの?』って表情をしていました」と、緊迫したシーンの裏側を明かした。

最後にTAKAHIRO、登坂、斎藤にお互いの好きなところを尋ねる質問が寄せられると、TAKAHIROは「顔が好きです! 男が惚れる男ですね」と斎藤を凝視しながら回答。斎藤は「登坂さんのことは抱きしめたい。TAKAHIROさんには抱きしめられたいです(笑)」、登坂は「男兄弟に憧れていたので、日本一カッコいいお兄ちゃんができてうれしいです」と答え、会場を沸かせた。

最終更新:10/8(土) 13:15

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]