ここから本文です

フェルスタッペン「決勝もかなりの接戦になるはず」

TopNews 10/8(土) 19:58配信

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、鈴鹿サーキットで行われたF1日本GP予選を終えて次のようにコメントした。

●【予選スピードトラップ】マクラーレン・ホンダ、悔しい速度差/F1日本GP

■マックス・フェルスタッペン「いい成績を残すにはスタートがカギになる」
フリー3/4番手 1:32.784
予選/5番手 1:31.178

「予選結果はそれほど悪くはないけれど、チームの誰もがもう少しいい結果を期待していたと思う。フェラーリの前に出たいと思っていたし、かなり接近していた。だけど僕たちのクルマはバランスがきちんと決まっていなかったんだ。普通低速コーナーでは僕たちはかなり強いんだけど、今日はそれがうまくいかなかった。コンディションの変化によるものかと思うけど、確証はないよ」

「明日は4番グリッドからのスタートになるし、いい結果につながるチャンスも生まれる。だからまだ前向きでいられるよ。僕たちのレースペースは問題なさそうだけど、現時点では誰もがかなり強いから、明日がどうなるかなんて本当に分からないよ。ここでの追い抜きは難しいだろうね。予選でも分かったようにすごい接戦だし、決勝でもそれは同じだろうと予想しているんだ」

「マレーシアのときのようにいいスタートを決めることができれば、僕たちがいい成績で終わることもできると思う。今夜はみんなで作業に取り組み、レースに向けてできる限りの準備をしていくよ」

※予選4番手だったフェラーリのセバスチャン・ベッテルが3グリッド降格となるため、フェルスタッペンは1グリッド繰り上がり、決勝を4番グリッドからスタートすることになる。

最終更新:10/8(土) 20:13

TopNews