ここから本文です

リカルド「決勝ではフェラーリが僕たちの本当のライバルに」

TopNews 10/8(土) 20:28配信

レッドブルのダニエル・リカルドが、鈴鹿サーキットで行われたF1日本GP予選を終えて次のようにコメントした。

●【動画】0.013秒の激しい争い/F1日本GP予選ハイライト

■ダニエル・リカルド「自分にできることはすべてやれた」
フリー3/2番手 1:32.394
予選/6番手 1:31.240

「正直に言って、今日の予選ではもう少しいい結果を期待していたよ。フェラーリとはかなり接戦になると分かっていたけれど、僕たちのほうが彼らの前に出られればいいと期待していたけれど、彼らのペースのほうがよかったよ。ストレートでタイムを失ったことにちょっと不満が残るし、その理由を見つける必要があるね」

「僕は自分にできることはすべてやれたと感じているし、あのラップ自体はまずまずだったと思っている。2回目の最後のラップでは、セクター1では少しタイムを縮められたと思う。だけど1周の最後のほうでタイヤをだめにしてしまったと感じていたよ」

「僕たちのロングランペースには満足できているし、フェラーリと同等のペースはあるはずだ。決勝では彼らが僕たちの本当のライバルになると思う。それに、メルセデスAMGは保守的な作戦を取って決勝ではパワーを抑えてくると予想しているんだ。だからどうなるか様子を見ることにしよう」

「セバスチャン(ベッテル/フェラーリ)のペナルティーによって僕たちはポジションが上がることになる。5番手からのスタートのほうが6番手からよりもいいし、有利な戦いを展開できるよう期待しているよ」

最終更新:10/8(土) 20:28

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]