ここから本文です

ねごと、益子樹プロデュース曲を映画「TOKYO CITY GIRL」予告編で一部解禁

音楽ナタリー 10/8(土) 16:30配信

ねごとの新曲「holy night」を使用した映画「マイナビpresents TOKYO CITY GIRL -2016-」予告映像がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「TOKYO CITY GIRL -2016-」は全4編からなるオムニバス形式の作品。益子樹(ROVO)がサウンドプロデュースを手がけた「holy night」は武田玲奈が主演を務め、蒼山幸子(Vo, Key)がカメオ出演した「LOCAL→TOKYO」の挿入歌および主題歌となっているほか、映画の関東および関西版エンディング主題歌としても使用される。

なお「TOKYO CITY GIRL -2016-」は、「LOCAL→TOKYO」、fumikaが主題歌および挿入歌を歌う「幸せのつじつま」、AZUが主題歌および挿入歌を提供した「あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。」、Ms.OOJAが主題歌と挿入歌を手がけた「ひらり、いま。」で構成。12月3日より東京・お台場シネマメディアージュにて公開される。

最終更新:10/8(土) 16:30

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]