ここから本文です

【セ・リーグCS】DeNAが筒香の逆転弾で先勝 巨人は澤村炎上で試合ブチ壊し

東スポWeb 10/8(土) 17:43配信

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第1戦が8日、東京ドームで行われ、レギュラーシーズン3位のDeNAが、同2位の巨人に5―3で鮮やかな逆転勝ち。同ステージ突破に王手をかけた。

 DeNAは1―2の6回二死走者なしから3番・ロペスが左前打で出塁。二死一塁として主砲・筒香に逆転2ランが飛び出した。打った瞬間に本塁打と分かる文句なしの一打は、あっという間に右翼スタンド中段へ。9回にはロペスの左越えソロなどで2点を奪い、ダメを押した。

 先発の井納は7回2失点。8回は田中、三上とつなぎ、9回は山崎康が坂本のソロ本塁打による1点にしのいで逃げ切った。

 巨人は1番・坂本、3番・村田とシーズン中とは異なるオーダーで臨み、初回、内野安打で出塁した坂本が5番・長野の右前適時打で先制するという思惑通りの展開。3回に梶谷のソロで同点に追いつかれたものの、5回に4番・阿部の中前適時打で再度勝ち越しに成功した。

 だが、勝負どころで先発・マイコラスの制球が甘くなり、手痛い一発を食らった。さらに8回無死二塁で長野が送りバントに失敗、9回には澤村が2安打2四球2失点とまたも炎上して試合をブチ壊した。

 第2戦は9日午後2時から東京ドームで行われる。

最終更新:10/8(土) 17:43

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革