ここから本文です

上野樹里を藤竜也が「シティー派ワイルドキャット」と命名

東スポWeb 10/8(土) 19:18配信

 女優・上野樹里(30)が8日、都内で行われた映画「お父さんと伊藤さん」(タナダユキ監督)の初日舞台あいさつに登場した。

 黒のシックな衣装で登壇した上野は20歳年の離れた彼氏役のリリー・フランキー(52)、父親役の藤竜也(75)と家族漫才のような掛け合いを繰り広げた。

 およそ100の媒体の取材を受けたという上野は「この映画の取材で女性のインタビュアーが感極まって、一緒に泣いたりしました」と明かすと、リリーが「その取材者はよっぽど情緒不安定な人かもね」と会場の笑いを誘う。

 それでも上野は「1回だけではなく2回、3回とあったんですよ。私はここのシーンが好きで…とか、気づいたら私も泣いていてびっくりしました」とそれほど共感できる映画だと伝えた。

「映画の取材で泣かれたことがない」と言い張るリリーが、出演映画「SCOOP!」のインタビューを受けたときは「インタビュアーがみな半笑いでしたよ」と再び爆笑をさらう。

 ここで上野に助け船を出したのが藤だ。「わかりますよ。僕もいい映画にたまに出ますので、泣かれますねえ…インタビュアーに。僕もこの映画で1回あったかなあ。大丈夫ですよ」と穏やかな口調で“親子”の強い絆を見せた。さらに「役者としてはユニーク」と、上野を褒めた上で「シティー派ワイルドキャット」と名づけた。

 映画は息子夫婦の家を追い出された父(藤)が、娘(上野)カップルの同棲するアパートに転がり込むことによって始まった3人の奇妙な共同生活を描いている。

 上野はロックバンド「TRICERATOPS」の和田唱(40)と5月に結婚し、新婚ホヤホヤながら、ここ数週間は精力的に映画のPRに奔走した。

最終更新:10/8(土) 19:18

東スポWeb