ここから本文です

新人ラノベ作家のとある不思議な体験、おおや和美の読み切りがプチコミに

コミックナタリー 10/8(土) 18:45配信

おおや和美による読み切り「となりのリアリーマン」が、本日10月8日発売のプチコミック11月号(小学館)に掲載された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「となりのリアリーマン」は、人付き合いが苦手な駆け出しのライトノベル作家・竹野内しずくが主人公。自身の作品に登場する執事と城主と“同居”しているしずくは、ある夜、泥酔した隣人の「社畜くん」と遭遇する。仕方なく彼を介抱するしずくに、とある不思議なできごとが起こり……。そのほか如月ひいろ「お願い、それをやめないで」は、今号にて最終回を迎えた。

最終更新:10/8(土) 18:45

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]