ここから本文です

ピース綾部 来年4月からNY拠点に活動「まずは英語の勉強」

東スポWeb 10/8(土) 22:23配信

 お笑いコンビ「ピース」綾部祐二(38)が8日、都内で緊急会見を開き、来年4月から米国・ニューヨークを拠点に活動することを発表した。ピースは解散しない。

 かねて「ハリウッド進出」を夢に掲げていた綾部は「来年40歳になるということで、ニューヨークで活動をしていきたい。まずはコメディアンとして活動して、最終的には1回でいいから俳優としてハリウッドのレッドカーペットを歩くこと。ビッグになって帰ってくるのが夢」と告白。 

 ただ、現時点で語学力は不足気味で「全く話せないので、まずはニューヨークで英語の勉強。2~3年は下積みするつもり。3年後くらいからスタート。(いつ帰ってくるとか)考えてない。期間は設けてない」と覚悟をにじませた。

 コンビ活動については「解散はしませんが、来年3月いっぱいで、いったんお休みということです」。以前から綾部の思いを聞いていた相方の又吉直樹(36)は、今年6月に正式に伝えられると「ええんちゃう? 勝負してきてください」と快く背中を押したという。

 米国行きを決断したのも、又吉が処女作「火花」で芥川賞を受賞したことだった。「先生(又吉)が芥川賞を受賞した昨年7月16日、コンビも大きく変わった。先生が偉業を成し遂げて、自分もこのままでいいのか…自分も一度やってやろうと、夢を追ってみようかなと。まさか相方を先生と呼ぶ日が来るとは思わなかったので、刺激にはなって」と素直な心境を吐露した。

 ニューヨークに決めた理由は「初めて2015年のお正月に行って。仕事を含めて4回行った。もともと憧れてはいたけど、場所にパワーとスピードを感じて、味わったことがない感覚だった。今年のお正月にも行って『ここで勝負してみたい』と思いました」。

 所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシー社長に「お笑い界の野茂英雄になりたい」と伝えた時は爆笑されて「面白いやん、やったらええ」と言われたという。

 憧れの俳優については日米で活動する渡辺謙(56)を挙げ「すごい人だな、と尊敬している。いつか共演できたら」。他にもトム・クルーズ(54)、ブラッド・ピット(52)らが憧れだと明かし、昨年7月にトムが主演映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」PRのため、来日した際のエピソードを公開。「トムの5メートル後ろを歩いたんですけど、トムが呼んでる気がした。『5メートル後ろでいいのか? 横に並べよ』と言ってる気がした」と真顔で話した。

 現在、9つのレギュラー番組があるが、すでに今夏に米国行きの希望を明かし、制作側も快諾。「まだ半年あるので、お話ししたことで表向きに動くことができる。この半年の間にいろいろ決めて、準備とか、そういうことはやろうかなと思う」と渡米に向けた準備を進めていくという。

 綾部は2003年に又吉と「ピース」を結成。04年にはTBS系ドラマ「ラブ・ジャッジ2」で俳優デビュー。コンビ活動の傍ら俳優業も継続し、11年にはフジテレビ系「月9」ドラマ「幸せになろうよ」に出演した。コンビとしても10年に「キングオブコント」で準優勝し、M‐1グランプリで4位に入るなど実力派として知られる。

最終更新:10/8(土) 22:23

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革